Koke-Pochiについて

日本伝統のコケ玉に消臭機能をプラス、進化したアートインテリアが生まれました。竹炭を用いた多彩なフレームの造形美に、まんまるなコケ玉のグリーンが融合。多種多様なライフスタイルにマッチする、「普遍の美」と「癒し」をお届けします。

オシャレな癒し空間に

和を凝縮したコケ玉の姿は日本伝統の"BONSAI"に通じ、多彩なフレームと調和しながら、「和&モダンな独自の造形美」そして「癒し」、これらを和洋問わずさまざまなシーンに気軽に取り入れることができます。
さらに室内の消臭機能までプラスした画期的な機能性植物アートインテリアがKoke-Pochiです。

カラダにやさしい自然素材

Koke-Pochiは、国産の自然素材を使って、ひとつひとつがハンドメイド。
だから、カラダにやさしく、安全で安心です。
土を使わないので、クリーンに育てることができます。不要になったときは、砕いてプランターや植木鉢に入れ、土壌改良材として有効利用できます。自然にもやさしいエコな製品です。

機能性植物の仕組み

多孔質である竹炭には、ニオイの元を吸い込んで集める「吸着効果」があります。そして新たに自然由来の「バチルス菌群※」をプラスすることで、集めたニオイの元を分解消去する機能を追加しました。
この「集めて」「消す」というハイブリッドパワーが、タバコ・トイレ・生ゴミ・ペットなど、室内で想定されるあらゆるニオイへ効果を発揮します。

枯草菌の一種で、自然界に広く分布しています。Koke-Pochiでは、 よりすぐれた20種を厳選して高い消臭効果を実現します。また、バチルス菌はとても耐性が強く、環境が悪化するといったん休眠状態になり、環境が戻ると再び活動するという特性を持っています。

Koke-Pochiの取り扱い方法

●コケ玉の性質

コケ玉は、森の中の木漏れ日のような光と湿気を好む植物です。良い状態を保つには光と水分が必要です。黒っぽくなったら光が足りない兆候なので、これまでより光をあててあげるように心がけてください。葉先が黒くなったら水分のあげ過ぎです。水分過多にならないように、少し乾燥気味が良いでしょう。コケ玉は、高温多湿を嫌いますので、夏場の蒸れには特に気をつけてください。

●コケ玉の管理

Koke-Pochiのコケ玉が白っぽくなると乾燥状態です。乾燥状態になったら水につけてたっぷりと水分を含ませてください。1日1~2時間を目安にレースのカーテン越しやブラインド越しなど木漏れ日のような光を当ててやるのが理想です。

※コケ玉を長く楽しむコツは乾燥気味に育てることです